まだ間に合うか? 医学部合格を目指した社会不適合者による日々の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小論文
そろそろまともに医療倫理の本を読もうと思います。
最近はなぜか流行っている、「カラマーゾフの兄弟」を読んでいました。

もう少しで上巻を読み終わるので続けて中巻を読みたいのですが、知識不足が医系論文を書くたびに露呈しているので、かなりの危機感を持っています。

前期で医学部に受かるのは受験者数の3分の1にも満たないわけで、3分の2は後期を受けることになります。

とすれば、私が後期試験で小論文を書く可能性は意外と高く、小論文を避けるとすると高倍率の山梨大や岐阜大を受けるしかありません。

そんな大学に今の私が受かるはずありません。

やっぱり真面目に小論文の勉強をするしか無さそうです。

することが多すぎて嫌になります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。