まだ間に合うか? 医学部合格を目指した社会不適合者による日々の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受験回想録 その8
N大入試本番
1日目

1時間目は数学でした。
過去問では9割を下回ることが殆ど無く、去年の問題は30分以上残して全完だったので楽勝だろうと思っていました。
まず問題をザッと見て、得意の微積から解くことに決めました。
90分で4題なので微積は20分を切って完答したいところですが、証明問題がどうしても解けず、(1)だけ解いて次へ。25分経過、ヤバイ。
次のベクトルは、作図を間違えないように注意してらくらく完答。
40分経過。行列へ。
行列は「面白いほど」でしっかり勉強していたので自信をもっていましたが、(3)がなかなか上手くいきません。時間を気にしつつ粘らず、最後の曲線へ。60分経過。
楕円に関する問題でしたが、これも「面白いほど」で対策していたので落ち着いて完答。80分経過。
残り10分を微積に再挑戦しましたが返り討ちに遭い断念。他の問題の見直しをしているうちに時間切れになりました。
手応えとしては今一つ。
70~75%といったところでしょう。
試験後に代ゼミのHPを見たところ、微積と行列はやや難となっていました。
標準問題を完答し、やや難の問題で部分点を稼ぐという受験当初からの計画通りです。


2時間目は理科でした。
2科目で180分という長丁場で問題数が多く時間配分が重要です。
有機の問題が丸々差し変えになってビックリしましたが、いつも通り物理から解き始めました。
雪崩式に間違えないように前半の問題は計算間違えに注意して慎重に解き、力学、電磁気、波動の順に解き進めました。
特に迷うところも無かったので全完したかも、と思いましたが見直しすると結構間違っていました。
物理は80%くらいでしょう。

100分ほど残して化学に入りました。
理論1題、無機1題、有機2題の出題で、いつも通り有機から解き始めました。
差し替えの問題はかなり簡単で余裕を持って完答。
生活と物質の問題は慣れていなかったため苦戦しながらできるだけ埋めました。
無機は化学反応式を7個も書かされましたが自信を持って完答。
新幹線で読んでいた福間無機のおかげでしょう。
飛行機が欠航したのがプラスに働きました。
最後の理論は、酸化還元と平衡。
標準問題なので完答。
化学は85%くらいでしょう。


2日目
英語だけでした。
まず【1】の長文から。内容説明は解答箇所がはっきりしているので書きやすく、和訳問題も無難に解答しました。
【2】の長文も同様に解答し、【3】の英作文へ。
和文英訳を無難にこなし自由英作は流れに気をつけ、9割の語数を埋めた後、見直ししていると時間切れ。
75%くらいでしょうか。


3日目
締めは面接でした。
あまり重要視されていないようですが緊張してしまい、上手く答えられないこともありましたが、質問自体はありきたりなもので終始なごやかなムードでした。
午前中に終わったので、スーツ姿のまま映画を見に行きました。

これで2次試験が終わりました。



合格発表
11時からHPで発表でしたが、30分前まで寝ていました。
受かる自信は無かったので期待しないでHPを見ると受験番号が
・・・・ありました。
信じられず何度も見返してから親に報告しました。

色々あった浪人生活でしたが、なんとか合格できてホッとしています。
大変な6年間になるでしょうが、医師という責任ある仕事につく重大さを忘れず努力を続けていきたいと思います。
応援ありがとうございました。
スポンサーサイト
受験回想録 その7
2次試験まで
英語  やっておきたい500(復習)  竹岡英作(復習)  英作文(過去問)
     22選(復習)  「しなやかに思考せよ」   入試攻略問題集九大
数学  1対1(復習)  行列・1次変換・いろいろな曲線が面白いほどわか
     る本(2周)   「天」
化学  化学特講Ⅰ(復習)  有機化学演習(復習) 福間無機(復習)
物理  漆原物理解放講座・応用講座(復習)

センター試験が終わったら、すぐに2次対策を再開しないと周りに差をつけられてしまいます。
数ⅢCや英作文などは1ヶ月以上やっておらず、勉強するのが億劫だったので直前講習を受けて無理やり頭を切り替えた後、本格的に勉強を再開しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。