まだ間に合うか? 医学部合格を目指した社会不適合者による日々の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年度最後
明日で一旦、ネットが途切れます。
数日はネットにつなげない環境になります。
無くても困らないので別にいいんですけどね。

入学式の日が近づいてきて、徐々に大学生になるという実感が湧き始めています。
オリエンテーションや入学式など行事が多く、早く授業が始まって欲しいです。
スポンサーサイト
普通のこと
総集編をまとめたら普通の記事が書きづらくなってしまいました。
このブログを書きつづけるか、まだ決めていませんが、どちらにせよもう少し書こうと思っています。
総集編の加筆も考えています。

やっと合格体験記を書いて、部屋の掃除もほぼ終わりました。
今月末でネットを解約し、3日からアパートへ引っ越します。
直行便が1日1便しか出ておらず到着が夜になってしまうので、乗り継ぎをしなくてはならず、しかもプロペラ機です。
E大学受験の時にもプロペラ機に乗りましたが、とにかく狭く窓側の席では壁が頭に触れそうなほどです。いまから憂鬱です。

この前、新聞に私の名前が載っていました。
名前、合格大学、出身校、コメント?
合格体験記は昨日出したのですが・・・。
確かに担任から「あたりさわりのないコメントが載るかもしれない」と連絡を受けていましたが、2,3行くらいかなと思っていました。あんなにがっつりと創作されるとは・・・。
笑えました。
数学編
僭越ながら私がやった勉強法について書かせていただきます。
基本的に、荒川英輔さんの本を参考に勉強していました。そっちの方が断然詳しいと思います。
なので私は反省点を中心に書こうと思います。

数学については、代ゼミの授業を殆ど受けませんでした。
ひとつには、1問に対して時間がかかりすぎると思ったからです。
医学部に合格するために身につけるべき標準問題は500問程度とされていますが、1問につき予習で30分、授業で30分、復習で30分というような勉強をしていては絶対的に時間が足りません。

また、テキストのレベルが合っていないとも感じていました。
代ゼミの場合、医学部クラスに入ると「セレクト理系数学」という最も難しいテキストで勉強することになります。
1学期は標準問題中心なので、当時偏差値が60程度だった私でもなんとか付いていけましたが、2学期になるとノートを見直しても理解できないほどの難しさで、志望校に合格するために解かなければならない問題のレベルを超えていました。
1年経っても成績はほとんど上がらず、予備校任せにするのは止めました。

結局、翌年は自習中心の勉強に切り替えました。
私の勉強は、いわゆる暗記数学でした。「1対1」(例題のみ)を使っていましたが。
具体的な使い方は以下の通りです。
まず、解答を隠して1日10問解きます。私は1問あたり15分で終えることを意識していました。ストップウォッチで計るといいでしょう。
1回目で完全に解けた問題には日付と×印を書き、もう2度と見直しません。
解けなかった問題は日付を書き解答を読んだ後、解答を隠しながら自分で解き直します。(これは荒川さんと同じです)
解けなかった理由、なぜこの解法なのか等を自分の言葉で必ずメモしておきます。
別解が浮かんだらそれもメモしておきましょう。
そしてその日のうちに復習します。これが大事です。
6冊終わって一気に復習なんてゆめゆめ考えないでください。そのころには始めのことはすっかり忘れているので、初めてやるのと同じになってしまい定着しません。
私はその日の帰りの電車で見直して、次の日の行きの電車でも見直していました。合わせて60分の勉強時間になりました。
このペースで進めると1冊が1~2週間で終わるので、それを2,3周はしてください。
だんだん×の付いた問題が増えてきて、解けなかった問題には日付が増えていくので苦手な分野が何処なのかよく分かるようになります。特に苦手な分野に関しては講義系の参考書をやってから戻ってくるのもいいでしょう。
一通り身についたと思ったら、次にいってください。
これを5冊(ⅠⅡBⅢC)終えると、代ゼミの第4回記述模試で偏差値が78になりました。

今年は、1対1の復習を1周した後に「やさ理」や「面白いほど」をやり、成績も安定しました。
ただ、「やさ理」については全部解いてから復習するという方法でやっていたので、1回目の復習が1ヶ月後になってしまい非効率的でした。せめて単元ごとに復習をはさむべきでした。
復習ノートを早めに作っておけば、もっと定着しやすかったかなと思います。
とにかく1回目の復習はできるだけ間隔を空けずにやりましょう。

長々と書きましたが、勉強法は色々ありますし向き不向きもあります。
私の書いたことがどれほど正しいのか、それは分かりません。指導経験が無く、自分の例しか挙げられないからです。
ひとつ断言できるのは、どんなやり方であっても続けないと何の力にもならないということです。
予備校の授業中心であるにせよ、自習中心であるにせよ、それは同じです。
受験回想録 その8
N大入試本番
1日目

1時間目は数学でした。
過去問では9割を下回ることが殆ど無く、去年の問題は30分以上残して全完だったので楽勝だろうと思っていました。
まず問題をザッと見て、得意の微積から解くことに決めました。
90分で4題なので微積は20分を切って完答したいところですが、証明問題がどうしても解けず、(1)だけ解いて次へ。25分経過、ヤバイ。
次のベクトルは、作図を間違えないように注意してらくらく完答。
40分経過。行列へ。
行列は「面白いほど」でしっかり勉強していたので自信をもっていましたが、(3)がなかなか上手くいきません。時間を気にしつつ粘らず、最後の曲線へ。60分経過。
楕円に関する問題でしたが、これも「面白いほど」で対策していたので落ち着いて完答。80分経過。
残り10分を微積に再挑戦しましたが返り討ちに遭い断念。他の問題の見直しをしているうちに時間切れになりました。
手応えとしては今一つ。
70~75%といったところでしょう。
試験後に代ゼミのHPを見たところ、微積と行列はやや難となっていました。
標準問題を完答し、やや難の問題で部分点を稼ぐという受験当初からの計画通りです。


2時間目は理科でした。
2科目で180分という長丁場で問題数が多く時間配分が重要です。
有機の問題が丸々差し変えになってビックリしましたが、いつも通り物理から解き始めました。
雪崩式に間違えないように前半の問題は計算間違えに注意して慎重に解き、力学、電磁気、波動の順に解き進めました。
特に迷うところも無かったので全完したかも、と思いましたが見直しすると結構間違っていました。
物理は80%くらいでしょう。

100分ほど残して化学に入りました。
理論1題、無機1題、有機2題の出題で、いつも通り有機から解き始めました。
差し替えの問題はかなり簡単で余裕を持って完答。
生活と物質の問題は慣れていなかったため苦戦しながらできるだけ埋めました。
無機は化学反応式を7個も書かされましたが自信を持って完答。
新幹線で読んでいた福間無機のおかげでしょう。
飛行機が欠航したのがプラスに働きました。
最後の理論は、酸化還元と平衡。
標準問題なので完答。
化学は85%くらいでしょう。


2日目
英語だけでした。
まず【1】の長文から。内容説明は解答箇所がはっきりしているので書きやすく、和訳問題も無難に解答しました。
【2】の長文も同様に解答し、【3】の英作文へ。
和文英訳を無難にこなし自由英作は流れに気をつけ、9割の語数を埋めた後、見直ししていると時間切れ。
75%くらいでしょうか。


3日目
締めは面接でした。
あまり重要視されていないようですが緊張してしまい、上手く答えられないこともありましたが、質問自体はありきたりなもので終始なごやかなムードでした。
午前中に終わったので、スーツ姿のまま映画を見に行きました。

これで2次試験が終わりました。



合格発表
11時からHPで発表でしたが、30分前まで寝ていました。
受かる自信は無かったので期待しないでHPを見ると受験番号が
・・・・ありました。
信じられず何度も見返してから親に報告しました。

色々あった浪人生活でしたが、なんとか合格できてホッとしています。
大変な6年間になるでしょうが、医師という責任ある仕事につく重大さを忘れず努力を続けていきたいと思います。
応援ありがとうございました。
受験回想録 その7
2次試験まで
英語  やっておきたい500(復習)  竹岡英作(復習)  英作文(過去問)
     22選(復習)  「しなやかに思考せよ」   入試攻略問題集九大
数学  1対1(復習)  行列・1次変換・いろいろな曲線が面白いほどわか
     る本(2周)   「天」
化学  化学特講Ⅰ(復習)  有機化学演習(復習) 福間無機(復習)
物理  漆原物理解放講座・応用講座(復習)

センター試験が終わったら、すぐに2次対策を再開しないと周りに差をつけられてしまいます。
数ⅢCや英作文などは1ヶ月以上やっておらず、勉強するのが億劫だったので直前講習を受けて無理やり頭を切り替えた後、本格的に勉強を再開しました。

受験回想録 その6
センター試験 2日目
生物

秋のセンター模試で90点を取ってから油断して、ほとんど勉強しなくなってしまいました。
前日の夜と当日の朝に、きめるセンターを1周して、どうにかなるかなと思いましたが無理でした。
九大を受けようという気は無くなりました。


数学ⅠA
模試では点数が安定せず不安でしたが、易化したおかげで見直しする時間もありました。
多分、満点。

数学ⅡB
合わせて180点が目標だったので、80点取れれば良しという気持ちで受けました。
一応、空欄はすべて埋めました。
90点くらいかな。


化学
第1問に気になる問題がありましたが、全体としてはいつも通りでした。
90点くらいか。


物理
よく分からない問題が数問ありましたが、それ以外は確実に解きました。
これも90点くらいか。



自己採点の結果は以下の通りです。

英語 筆記186 リスニング38
数学 ⅠA100 ⅡB96
国語 137(現60 古40 漢37)
生物 53
化学 92
物理 91
倫理 94
総合 789/900

国語の失敗のせいで医学部でB判定が出るところは少なく、国語の配点が低い大学を中心に考えることにしました。
センターリサーチから判断して山形大学を受けようかと思っていましたが、担任と話をしてN大学を受けることに決めました。
マイナスからのスタートです。
受験回想録 その5
センター試験 1日目
倫理
初日の1時間目ということでさすがに緊張しました。
もともと苦手教科ではなく、1年間しっかり勉強してきたので自信はありました。
井上哲次郎なんて知らんぞ、と思いながらもいつも通り解答。
9割はいってるかな。


地歴は受けず、大学の食堂で古文単語、漢文句法、マーク王の付録を復習。
かなり時間があったので一通り復習できました。


国語
受かるも受からないもこの教科にかかっているといってもいいでしょう。
なんとか8割取れればと願いながら、まず古文から解き始めました。
文章は読みやすいような気がするものの、後半になるにつれて内容がよく分からなくなり文学史も出て不安を抱えたまま、時間がきたので漢文へ。22分経過。
 
いつもなら古漢合わせて36分で解くのですが、漢文だけで20分近くかかってしまいました。
慎重になりすぎて、漢文を解き終わったころには44分が経過。

次は評論ですが、時間が足りないことに焦ってしまい文章の内容も頭に入ってきません。
時間だけを気にして雑に解いてしまいました。
残り15分。

一番時間がかかるのが小説です。
こんな状況で小説を解いたことが無く焦りまくっていました。
文章が永遠に続いているような気がして後半を読む時間は無く、とりあえず設問を読みましたが文章を読んでいないので選択肢を絞りきれません。
絶望しながら問1を見てみると、直前に復習したものばかり。
救われた思いで3問を20秒で解きました。
そこで時間切れ。

手応えは皆無で、もしかしたら100点くらいかもしれないと本気で思っていました。
あぁ、来年も浪人か。

 
英語(筆記)
苦手の発音問題が増加。
時間をかけても解けないのでざっと解きました。
文法は2問くらいなら間違ってもOK。時間をかけずに解きました。
苦手な第3問は後回しで第4問と第5問へ。簡単でした。
第6問は形式が変わり、解きやすくなっていてラッキー。第3問へ。
1問だけ微妙でしたが時間内に解き終わりました。
9割は行ったかな。

国語の大失敗は確信していたので英語が良かったのは、せめてもの救いでした。

英語(リスニング)
結局、1年間あまり対策も取らず明らかに勉強不足でした。
あんまりできませんでした。
36点いったかな。

 
これで1日目が終わりました。
2勝1敗1分けといったところでしょうか。
国語はコールド負けですが。
受験回想録 その4
12月
英語  やっておきたい500(復習) 基本はここだ(復習)
数学  センター試験必勝マニュアルⅠA・ⅡB(1周)
     三角比・平面図形が面白いほどわかる本(1周)
物理  マーク式基礎問題集(1周)
国語  古文上達 基礎編(途中まで)  現代文過去問
講習  センター英語(駿台)

12月はセンター対策が中心でした。
当初は予想問題を多く解こうと思っていましたが、数をこなして解き慣れを作るより知識を正確なものにしていく方が重要だと考え、予想問題は殆ど解かず、代わりにマーク模試と去年解いた予想問題で間違った問題をノートに貼って繰り返し見直しました。
若干不安はありましたが方針に間違いはないかなと思っていました。
理科と社会はこれで良かったのですが、国語はこの時点ですでに対策が遅れていました。 


1月 センターまで
英語  センター英語のプリント
数学  青本を解きながらマニュアルの復習
化学  ノート見直し 早分かり化学正誤問題
物理  ノート見直し
倫理  センター倫理テストゼミ センター倫理直前演習 
国語  プレミア現代文  予想問題
     古文上達 基礎編(1周終) まる覚え古文単語399    
     センター漢文の復習 まる覚え漢文句形・単語

あまり集中して勉強できていなかったような気がします。
予備校に行く必要が無くなって家に居たのが原因でしょう。
家ではどうしても集中して勉強できない性質なのです。
振り返ってみると、国語の勉強時間が少なく、不安なまま本番を迎えてしまいました。
駿台のセンタープレではK大とN大ともにB判定で、全国記述は偏差値が68で、失敗しまくったわりに良かったという感じで満足していました。

そんな状態でセンター試験の日になりました。


受験回想録 その3
9月
英語  やっておきたい500(2周目終) やっておきたい700(12まで)  竹岡英作(復習2周目途中)
数学  やさ理(復習終)
化学  有機化学演習(復習終)
物理  名問 熱(2周)
生物  らくらくマスター(1周終)

授業が再開し、忙しい日々の始まりです。
9月以降は新しい問題集にはあまり手を出さないようにして、これまでの教材の復習を繰り返すことにしました。
過ぎたるは及ばざるが如し、消化不良は時間の無駄です。
このころは通学中に、きめるセンター生物を読み、1ヶ月で8周しました。
私大模試の偏差値は69、医学部模試では65で九大がB判定で、夏の頑張りが利いてきたと実感しました。



10月
英語  やっておきたい700(1周終、復習途中)  竹岡英作(復習)
数学  完全攻略 極限(3周)
化学  化学苦手問題44題 理論(1周)

国語の勉強に力を入れ始めました。
前年に過去問をすべて解き終わっていたので何をすれば良いか分からず困り、しかたなく点数が悪い年度の問題を選んで解くことにしましたが効果があるのか分からず、授業の復習をすることで対策としていました。
10月は模試ラッシュの始まりで7週連続で模試を受けました。
センター模試の偏差値は70でK大はB判定、全国記述は67、九大実戦は72で医学部の判定はBと、夏以降の模試では満足いく結果が出せていたので勉強も苦になりませんでした。
センター模試で生物が90点もとれて九大に出願できるかもという淡い期待も持ちだしていました。
結局、泡と消えましたが。


11月
英語  やっておきたい700(復習終)   構文A 1,2学期(復習終)
数学  整数が面白いほどとける本(2周)
化学  化学苦手44題 理論(復習1周終)
物理  東大京大医系物理 1学期(復習終) 2学期(復習途中)
倫理  センターへの道(1周終)
生物  大森センターこれだけ(1周終)
 
センターも迫ってきて、現古漢の授業を復習に力を入れました。
センタープレは代ゼミ、河合ともに偏差値70程度、国語はどちらも60前後。
このころから兆候はあったんですね。
模試って意外と当てになるようです。
東北大OPでD判定、阪大即応でD判定、九大OPでC判定とあんまり芳しくない結果でした。
数学と物理が良い方に安定し、英語が悪い方に安定していました。
英語は勉強が雑だったと反省しています。

受験回想録 その2
6月
英語  ポレポレ(復習終)  30選(1周終)
数学  1対1 Ⅰ(復習終) C(復習終) ハッと確率(1周終)
化学  化学特講Ⅰ(3~6章)
物理  名問 力波(復習終)

1対1の復習を終えたにも関わらず全国記述で数学の偏差値が52しかなく、かなり凹みました。
勉強したのだから満点近くとれるはずと気負ってしまったのが原因でしょう。
試験中はあまりの手応えの無さに冷や汗をかいていました。
復習してみると、落ち着けば解けた問題ばかりだと分かり、1問に固執せず解ける問題を確実に解いていくことの大切さを知りました。
この経験は本番でも役に立ちました。失敗もしてみるものですね。



7月
英語  30選(1週終) 22選(1周終)
数学  やさ理(101問)  ハッと確率(復習終)
化学  化学特講Ⅰ(2章) 重問(有機終)
物理  名問(31問)
国語  望月古典文法(1周終)
生物  きめるセンター生物(17まで)
講習  AllRound読解徹底 センター倫理

自習中心の私にとって量を稼げる時期である夏休みです。
あまり講習を取らず、平日はずっと自習室で勉強を続けていたので量はこなせました。
東大プレでは数学の偏差値が63で、6月からの不安は払拭されました。
センター模試の偏差値は73で悪くはなかったのですが、国語が7割ほどしか取れず偏差値も60を下回ってしまいました。この時に本腰を入れて対策していれば良かったのですが・・・。


8月
英語  やっておきたい500(1周ちょい)   竹岡英作(復習終)
数学  やさ理(1周目終)  ハッと確率(2周目終)
化学  化学特講Ⅰ(復習終)  有機化学演習(1周終)
物理  名問 電(復習終) 
生物  きめるセンター生物(1周終)
国語  望月古典文法(復習終)
講習  マーク王

7月と同じように勉強していました。
全国記述では英数物の偏差値がそれぞれ70を超え、気分良く勉強でき、夏休みに理系科目は一通り全範囲を押さえたのでこの後の勉強は楽になりました。
やさ理にかなりの時間を使いましたが半分以上解けずペースが上がらず、フェローに何度も質問に行きました。
受験回想録 その1
2007年
受験勉強を再開する前に志望校を決めました。
条件は ①出題が標準問題中心である ②面接を課さないまたは点数化しない
この2つです。
①の理由は得意教科がなかったからです。
②の理由は、E大学を受けたときの面接の点数が前期7/100 後期13/100 だったからです。
なぜこんな点数なのかは不明です。悪い噂はありますが。
以上の理由により、センターが良ければN大学、悪ければK大学を受けることに決めました。
前年はセンターで失敗したので、今年はZ会のセンターコースにも取り組みました。結局ほとんどやりませんでしたが。

4月
代ゼミXCコースに入学しました。
標準問題を確実に解けるようになることを目標にして、自習中心で勉強を始めました。
1年を通して出ていた授業は
英語構文精解A
英作文A
センター現代文
センター古文
センター漢文
東大京大医系物理
センター倫理
医系論文
センター生物
全部で週10コマです。

4月にやったものは 
英語  ネクステ(途中で放棄)   ビジュアル英文解釈ⅠⅡ(復習終)  
     基本はここだ!(3周ほど)
数学  1対1Ⅲ(復習終) B(復習終)  ハッと確率(14問)
化学  照井有機(1周終)
物理  名問(19問)
生物  面白センター生物(ざっと読む)

5月
英語  ポレポレ(1周終) ネクステ(再開)
数学  1対1 Ⅱ(復習終) Ⅰ(復習途中)    ハッと確率(9問で放棄)
化学  福間無機(2周終) 
物理  名問(29問)

センター模試でK大がC判定、全統記述でA判定でした。
平日の空いている時間はほとんど自習室で勉強して、休日は家にいて、あまり勉強をしませんでした。
このスタイルは1年を通じて変わりません。
このころK大学から成績開示ハガキが届きました。
センターが739/900の大失敗。2次で挽回するも14点足りず、私の上に30人以上いましたが、14点なら1年間の勉強で上げられそうな気がしました。


  
とろっとろっ
あいかわらず暇な毎日です。
時間はあるんですが意欲が湧きません。
やっていることと言えば、「成功する英語勉強法」「TOEICテスト実力アップのテクニック」を2回ずつ読み、TOEICの勉強計画を立て、「脳を活かす勉強法」を読んでいることくらいです。
TOEICがどんな試験なのか今一つ分からないので、公式問題集を解いてみようと思っていますが、なかなか実行に移せていません。
受験が終わってから読もうと思っていた「カラマーゾフの兄弟(下)」「医療崩壊」「告白」もベッドの横に積みっぱなしになっています。
代ゼミの合格体験記も全く書けていません。
このまま3月が終わってしまう予感がプンプンします。   いかん、いかん。


話は変わりますが、近いうちに1年間のまとめの記事を書こうと思っています。
各科目の勉強内容と反省、各時期の模試結果などを書くつもりです。
合格したからと言って私のやり方のすべてが正しいということには当然なりませんし、あまり参考にもならないでしょうが、1年のまとめなので広い心でお付き合いください。
では、また。
顔見世
一生行かないはずの代ゼミに行って来ました。
前回は担任が不在で会えず、一度顔を見て合格報告をしておきたかったからです。
担任の話によると、例年と比べて前期で合格している人が多いようで、成績上位者に名前が載っていた人達は順当に合格していました。
しかし、合格したのはすべて男子。
今のところ女子の合格者はゼロだそうです。
そういえば校内の成績上位者に女子の名前を見ることはほとんどありませんでした。
医学部はどこであっても一筋縄ではいきませんね。
グッバイ、代ゼミ
20080311125246.jpg

代ゼミに行ってきました。
もう一生行かないでしょう。

明日から入学手続きのために大学へ行きます。

芸能人こそ東大に行けってか?
代ゼミから合格体験記の用紙が送られてきました。
今日中に書いて、明日直接持っていこうと思っています。
花粉症がひどいので外出したくないのですが、本屋に行ったり証明写真を撮りに行ったりしなければいけないので、ついでに顔を見せに行くつもりです。
ただ、130字で4つも書かなければならないので結構な負担です。
今日は徹夜になりそうです。

明日は、芸能人の東大受験の番組があるようですね。
冬期講習で、ある先生が、東大プレでB判定だった人がナントカ、と話していたので結末は大体分かりますが。(楽しみにしている人がいるかもしれないのでナントカの部分は伏せておきます)


合格通知到着
20080309162615.jpg

合格通知の封筒の裏です。やっと届きました。

やたら厚くて、医学科後援会、学士会の申込み案内まで入っています。
後援会費9万って、どうなんでしょう。みんな払うもんなんかな。


来週は入学手続き等のために大学に行く予定ですが、親と私の2人分の飛行機代だけで16万もかかってしまいます。なんやかんやでお金が要ります。



結果発表

無事、合格しました。


まだ合格通知が届いていないので実感はありませんが。


とにかくもう受験勉強はしたくありませんでしたし、後期で出願した学校には行きたく無かったので本当にうれしいです。後期で受かる自信もありませんでしたし。

センター試験では国語で失敗し、2次試験では過去問で90%を切ることがほとんど無かった数学で失敗して、英語も自由英作文がうまく書けなかったので、落ちているんじゃないかなと思っていました。

本当に受かってうれしいです。


急に医者になりたいと言い出した、勝手な私を支えつづけてくれた両親、兄弟。

不安な時に話を聴いてくれたクラス担任。

ほとんど返さなかったのにメールをくれつづけた友達。

このブログを見てくれた人達、コメントをくれた人達。

あなた方のおかげで私は勉強を続けられて、合格することができました。

ありがとうございました。




つまらん
やること無いです。
布団に入ったままテレビを見続けています。
あまりに暇過ぎますが特に勉強しているわけでもありません。
ベッドの横には「システム英単語」と「医療崩壊」がありますが、ほとんど開いていません。
んー、無駄な日々。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。