まだ間に合うか? 医学部合格を目指した社会不適合者による日々の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐怖体験アンビリーバボー
全く知らない人に話しかけられました。

放尿の真っ最中に。

自習室で見掛ける顔でもなく、クラスでも見たこと無い顔、当然名前も知らず、本科生かどうかすら分かりません。

にもかかわらず「何学部志望?」「何大の?」「1浪?」と
矢継ぎ早に、かつ変に馴れ馴れしく質問されました。

「そんなことより、お前誰だ」と言ってやりたかったのですが、あまり関わりたくなかったので適当に返事をしてトイレから脱出しました。

もう顔は思い出せませんが、あの違和感だけは残っています。

ゾッとしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。